読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tttchaos diary

ツクリテとツカイテをツナグカオス

物件を見に行く 

f:id:chaos-cil:20170310142334j:plain

隣町へ物件を見に行った記録を残す

町内に好きな場所がある

6年前程か、に見せて頂いた事があり

あの時はわがままだと言い聞かせ諦めた

平日の駐車場確保が大きな課題であった

 

昨日のこの物件は封印した理想が飛び出す絵本のように心躍った

理想とはコンクリートにペイントが施してあること

窓枠は鉛または鉄、そして低い位置にあること

日がさんさんと降り注ぐこと

回遊

 

狭さを克服できず取扱うものを躊躇せざるをえない現状とは対象に

建物の中でたき火が出来てしまいそうなほどの大空間である

(もちろんたき火など滅相もない)

 

つづく

 

 

f:id:chaos-cil:20170310142349j:plain

 

春のスープ

f:id:chaos-cil:20170302073259j:plain

えのき、アスパラ菜、きいろ人参、水菜、ふわふわたまごのスープ

 

春だなあと思ったら、強風?

レモンユーカリの1mくらいの枝が飛ばされザザザザザーと、

追いかけて追いかけて足も使って捕まえました

 

今朝はスープだけだったのでお腹すいてきた

さてと、パン買いに行こうーー!

まだ、10:30

いってきます

ある日の軽めし

f:id:chaos-cil:20170217094808j:plain

残りご飯で作ったちっちゃなおにぎりは塩加減が話にならなかった

煮卵やごーりごり漬物を交互に噛み噛みしても物足らない

日々、減塩に努めているわたしゆえ漬物も塩味が微妙

 

悲し過ぎた

 

城進 灰釉粉引汲出し

中御門雅広 鳥皿(子)

 

 

ひと口、ひと口、また次のおぎりと頬張るもハズレだったのでした

 

 

照井壮さんのうつわ

f:id:chaos-cil:20170210145951j:plain

2017・2 再入荷

ベビーマグについて照井さんの当時のブログより

カップの胴部が少し丸く膨らんだ形なのでベビースプーンでもすくいやすい。数年前、わが子に離乳食を与える為に考えた形状だったが、4歳になった現在もひとりでジュースを飲んでいる。」

この記事を読んでから、たまらなくベビーマグが好きになった。

f:id:chaos-cil:20170210093337j:plain

粗磁土デルフト皿、深皿の使えること使えること。

メインに、取り皿にと休みなし。

毎度の食事に登場します。

f:id:chaos-cil:20170205141600j:plain

 

 

f:id:chaos-cil:20150416121350j:plain

 

f:id:chaos-cil:20160527160214j:plain

f:id:chaos-cil:20160527160457j:plain

f:id:chaos-cil:20160527160819j:plain

f:id:chaos-cil:20170124192917j:plain

 

f:id:chaos-cil:20170123170409j:plain

 

atelier七緒さんのうつわ

f:id:chaos-cil:20170125154417j:plain

『鋳込み』とよばれる技法で、白磁の器を制作しています。デザイン・石膏型制作から器制作までおこなう、町の小さな工房です。

秋田在住の作家、atelier七緒さんのサイトには上のように書かれています。

ネット上で見た七緒さんの作品は透明感という美しさの中に強い異色を放っていたのでした。

つづく

f:id:chaos-cil:20161227095018j:plain

キイロはしあわせのかたち

アトリエユヌプラスさんのハンカチはかがり糸が選べるものがあります。

かがり糸の種類は15色。

選ぶということはお店の特色を出すということ。

店主がものを選ぶということはそういうこと。

 

わたしはナチュラルなお色の生地に合うキイロに。

うん、体洗いタオルにもいい____。

f:id:chaos-cil:20170122150156j:plain

5種類のハンカチのうち1種類はBLACK___!

f:id:chaos-cil:20170122145757j:plain

体洗いタオル

かなりご好評いただいております。

「きもちです」や「お世話になりました」などのタグをつけてお使いものやお礼用にお包みもしております。

 

冬月展を終えて

「冬月」展12月14日ー25日 期間中無休

冬月展にお越しくださったみなさん、ありがとうございました。

また、juli/ユーリさん、ろうそく梅原亜希乃さん、lierreさんお力添えをくださりありがとうございました。

差し入れや頑張ってね、の言葉をかけてくれたみんなありがとう!

 

少し写真で振り返ってみます。

f:id:chaos-cil:20161212105726j:plain

亜希乃さんの蜜蝋のろうそく。

高知県の養蜂家さんから分けて頂いた貴重な蜜蝋を使ってモミの木のろうそく・ツイスト・雪の結晶オーナメントも届けてくださっていました。lierreさんには梅原さんの毛糸模様のろうそくに合うリースをお任せしました。

f:id:chaos-cil:20161210170530j:plain

冬月展から初めてのお取扱いとなったユーリさんの白樺月のブローチを毎日付けてお店に立ちました。髪をたらした日は隠れないようにお帽子に付けました。

離れていても北海道の白樺の森に立っている、そう思って胸を張りました。

f:id:chaos-cil:20161217103625j:plain

ユーリさんが15年ご愛用のワンハンドルのかごと樹皮、枝。

そして白樺ノートです。

f:id:chaos-cil:20161215164853j:plain

100年先の未来へーー!

f:id:chaos-cil:20161215131031j:plain

白樺ノートにメッセージを書いてくださっているお客さま。ペンを執るみなさんの表情を目にしながら、うれしさのあまりこれは私へのご褒美だと思いました。

f:id:chaos-cil:20161218164104j:plain

hohoemi-ovenさんもシュトレンを作って下さって、購入された方から喜びの声をいただきました。ご自身も多忙なパン教室の先生でありながら関西や関東、九州管内と、あちこちで学ばれています。

f:id:chaos-cil:20161226195744j:plain

パンダ焼きの中身はハムマヨネーズなのです。甘い生地に酸っぱいマヨネーズが絶妙にマッチ。お昼は食べたと思いますが、とお気遣いいただいたお客さまからの差し入れでした。

f:id:chaos-cil:20161221173713j:plain

期間中、北斗七星にちなんで七つの白樺のお星さまが届きました。

f:id:chaos-cil:20161223155422j:plain

お客さまがそっと触れようとしているところです。

f:id:chaos-cil:20161223123813j:plain

白樺樹皮のものをご予約下さった方は最初とお渡しの2回はお越しいただかねばなりませんでしたが、ほとんどのお客さまが2、3回お見えになっていました。

f:id:chaos-cil:20161225123959j:plain

2回目ご来店時には胸元に月のブローチを見つけて、うれしかった。

f:id:chaos-cil:20161225131737j:plain

わたしにとって特別な冬月展

お客さまにとっても特別な展示になったならいいな。

まんまるのお月さまを思い描いて、黄色い包み紙を選びました。

The last letterのような封筒の形に。

f:id:chaos-cil:20161224103049j:plain

The last letter

白樺の命から生まれた手紙

大切に守るべきもの いつかあなたの元にも届きますように

 

f:id:chaos-cil:20161223163416j:plain

おしまい