tttchaos diary

ツクリテとツカイテをツナグカオス

juli/ユーリさんのThe last letter

箱から取り出そうと白樺にそっと指先が触れた、その瞬間

涙が止めどなくこぼれて、わたしはしばらくの間そうしていた。

 

北の大地を生き抜き使命を果たした白樺の「The last letter」

その姿は愛おしくそして限りなく切ない。

遠い国から長い年月を費やし、

こうしてわたしのところに尋ね来てくれた。

f:id:chaos-cil:20161213190515j:plain

よく来てくれたね・・・とわたしの体が返事をしたのだ。

 

juli/ユーリさんの白樺のThe last letterと、そして白樺の小物たち。

この春からわたしの元へろうそくを届けてくださっている梅原亜季乃さん。

そしてお二人の作品を迎えるにあたりなくてはならないFlower lierre。

 「冬月」展 あしたから始まります。

藤本羊子さんのうつわ 2016・11

f:id:chaos-cil:20161104101612j:plain

個展で忙しかったと思いますがカオスにも納品下さってます。

今回、入荷したものは10種類、数が少ないので制限させて頂くかもしれません。

(マグは3点、黒いお皿は1点のみです)

f:id:chaos-cil:20161026084939j:plain

上記お写真はマグと20㎝サイズのお皿を組み合わせたもので

C&Sではございませんがこうして合わせたくなるのが

藤本さんのうつわの特徴だと思います。

 

Since may 2014

梅原亜希乃さんのミニバラのろうそく

f:id:chaos-cil:20161101141717j:plain

金色の細いリボン

グラシン紙のベールの向こう

小さなミニバラが六つ

気高く見上げていました

 

そっとつまんで手のひらへ

 

そうだ、あの人に贈りたい

よろこぶ顔を思い浮かべながら

久しぶりに手紙を書こうと思いました

 

f:id:chaos-cil:20161031083349j:plain

f:id:chaos-cil:20161031220106j:plain

 

清水由里子さんのうつわ

f:id:chaos-cil:20161011155739j:plain

昨年よりお取扱いが始まりました。

古い陶器でフランスのカフェオレボウル、イギリスのバターケース、アメリカのミキシングボウルを好んで収集したわたしは彼女の作品を見つけた時、それはそれはそれは釘づけになりました。古い歴史を持つそれらと清水さんの作品の共通点は「ぽってりとした」そして「貫入」であります。是非、清水由里子さんの世界を見にいらしてください。

上:2016新作になります。

f:id:chaos-cil:20151118131108j:plain

中:2015作 再入荷あり

f:id:chaos-cil:20161001141720j:plain

 大学で陶芸を学び就職を機に東京へ。

そこからもう一度陶芸を学ぶために多治見の研究所へ。

現在、ご主人とカフェを営んでおられます。

f:id:chaos-cil:20161009163359j:plain

f:id:chaos-cil:20161024154836j:plain

f:id:chaos-cil:20161022120501j:plain

花言葉のろうそく 梅原亜希乃さん

容器 イギリスアンティーク

ローラの休日 

f:id:chaos-cil:20161008120551j:plain

7日のめざましテレビでお料理番組がスタートしました

ローラちゃんが豆乳のクラムチャウダーを作っていて

なんだか、中御門さんのぱまごとシリーズのお皿に似ていて勝手にどきどきしました

 

ツクリテとツカイテをツナグ カオス 

f:id:chaos-cil:20161008140254j:plain

宮崎の北部、大分寄りの田舎町にあるカオスは3坪ほどのお店

どこにでもある住宅街の自宅敷地内にあります

オープンは2005年11月です

 

ひとつしか置けない大きなテーブルは

カオスというお店を表現する絵画そのものです

新しいものを迎えたらお披露目し

また引き算をして新たな世界をつくることを好みます

それぞれの作家のものがクロスし出来上がった世界は

店主にとってそれはそれはいとおしく、慈しみ深いものです

 

「理想の暮らしには遠くても

こだわりながら暮らしたい

規則や形式に囚われることなく

ツクリテとツカイテまたは人と人をツナグ空間であれますように」

これはまったくの田舎住みゆえ真のことを語っています

むかしむかしブログに書いたことがあるのですが

情報は雑誌や今の時代ならインターネットから入ってきます

またインスタグラムのお蔭でリアルタイムに覗けますね

随分と便利な世の中になりました

それでも、主要都市から距離があることも含め

作家の元へ即座に行けない身としては

結構な遠回りと感じております

作家に対して恐れ多いと思う気持ちから

一方通行に陥り前に進めなかったこともありました

それでもこうして10年+1年を迎えることができたのは

宮崎のみなさんの「行きたい場所」のひとつになれればと

願ったこと

お立ち寄りいただきうれしい言葉をかけていただいたこと

また、わたしと繋がって下さった作家の皆さまにも感謝申し上げます

 

 

 

 

城さんのうつわご紹介

f:id:chaos-cil:20160826170545j:plain

 

f:id:chaos-cil:20160826170443j:plain

 
小さくてころんとしてスタッキングした姿は急に大人ぶる。
 

f:id:chaos-cil:20160826171053j:plain

すべて税抜き価格
 
鉄絵汲出し 2000円
鉄絵マグカップ 2800円
鉄絵そば猪口  2500円
粉引き湯呑 2500円
粉引き汲出し 2000円